パーソナルカラー診断とは

 

パーソナルカラー診断とは人がそれぞれ生まれ持った外見的特徴(目・肌・髪の色など)に調和し、魅力的に見える色の診断です。

顔色がよく、好印象になる色を分析していきます。

肌・目・髪の色を見てチェックし、ドレープという布をあて、

顔色がどう映るかを見ていき、スプリング・サマー・オータム・ウィンター(春夏秋冬)の四季の色彩で分類していきます。

 

似合う色をあてると

・顔色が明るく見える
・くすみが飛ぶ
・フェイスラインがスッキリ見える
・肌がきれいに見える
・目がはっきり大きく見える

など、

反対に似合わない色をあてると

・くまが目立って見える
・肌荒れが目立って見える
・鼻や頬の影が目立って見える
・顔がくすんで見える
・青白く見える
・不健康に見える

など、

ドレープをあてていくと得意な色・苦手な色が見えてきます。

4シーズンの判定だけでなく、明度・彩度・清濁・色相のどれが得意、不得意かをお伝えします。

 

パーソナルカラー診断でわかること

・顔色がきれいに映る色
・カラーのお洋服への取り入れ方
・似合う髪色
・似合うメイクカラー(ファンデーション・アイシャドウ・チーク・リップ)
・似合うアクセサリーの色

 

よく言われるイエベブルべとは!?

最近パーソナルカラーが流行になってきて、各コスメメーカーやアパレルブランドでもイエベやブルべという言葉を耳にする機会が増えました。

よく肌の色や手首の血管の色を見てイエベブルべと判断するような説明がありますが、これは一つの判断基準にはなりますが、実際にはドレープをあてないと判断できません。

肌が黄色いからイエベ、白いからブルべというのは言い切れません。

お肌の色を表しているのではなく、色のことを表しています。(下記イメ―ジ)

イエローベース(黄みがかっていて暖かみを感じる色)

ブルーベース(青みがかっていて涼しさを感じる色)

どんな肌の方でもどちらの色が顔色よく綺麗に見せてくれるのかというのでイエベブルべは決まります。

肌色が何色なのかではなく、どちらのベースの色が合うのか、です。

お肌が黄色くてもブルべになる可能性もあるし、色黒でも色白でもイエベブルべ両方なる可能性はあるので、イエベブルべという言葉にとらわれすぎないでくださいね。

診断ではしっかり似合う色をお伝えします。

好きな色と似合う色が違った場合は?

もし好きな色が診断で似合いづらい色といわれた場合は、洋服の場合は顔色に映らないところで使うと良いです。

首回りや顔に近い場所で取り入れるのは避け、ボトムスや小物、バックや靴は好き色を使っていただければ大丈夫です。

メイクの場合は好きだけど苦手な色は

範囲や面積を狭くするか、得意な色と重ねて使うと上手に取り入れられるので、試してみてください。

 

最高にきれいに見える色を一緒に見つけていきましょう♪